一般社団法人 日本地下鉄協会

ホーム > リニアメトロ > 七隈線(福岡市交通局)

七隈線(福岡市交通局)

福岡市は発展する21世紀を見据え、「リニアメトロ」で市民の足を加速します

福岡市の中でも西南部の発展は近年特に目覚ましく、全市人口の約40%を占める この地域の市民の足として登場したのが、市営地下鉄・七隈線です。
このルートには急勾配が多いことや、将来の輸送需要などから「リニアメトロ」を採用しました。平成8年12月に着工し、橋本~天神南間12kmに16駅を設け、平成17年2月に開業しました。
七隈線の開業により、アクセス時間の短縮と周辺道路の交通渋滞緩和が図られ、 21世紀の福岡市は、ますます便利な都市になります

●車体長:16m/両
●車体幅:2.49m
●車体高さ:3.15m
●車両編成:4両

ページの先頭へ