一般社団法人 日本地下鉄協会

ホーム > 日本の地下鉄 > 神戸市営地下鉄

神戸市営地下鉄

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所3号館4階
TEL 078-322-5924(総務課)
FAX 078-322-6180
URL http://www.city.kobe.lg.jp/life/access/transport/

事業のあらまし

神戸市営地下鉄のはじまり

1917年8月に開業し、市内を隈なく網羅していた神戸市電がモータリゼーションの影響により1971年3月に廃止された。神戸市営地下鉄は、その神戸市電に代わる市民の足としての役割に加え、開発の進む西神地域、北神地域の住民の足として建設が計画され、1977年3月に西神線名谷~新長田間5.7kmの営業を開始した。

路線の拡充

1977年の開業後順次路線を東西に延長し、1987年3月に西神・山手線西神中央~新神戸駅間22.7km全線が開通した。また、1988年4月には、北神急行電鉄と新神戸~谷上間の相互直通運転を開始し、西神地域と北神地域とを市街地を通じて直結する「みどりのUライン」が完成した。
その後、1995年の阪神・淡路大震災を乗り越え、兵庫区・長田区南部地域のインナーシティの活性化を図るため、2001年7月には海岸線新長田~三宮・花時計前間7.9kmが開業した。

ひとにやさしい地下鉄

高齢者や障害者の方をはじめ、すべての人が気軽に安心して利用できるよう、駅舎のバリアフリー化、ユニバーサルデザインの取り組みを積極的に進めている。
西神・山手線では、開業当初から駅舎のエレベーター、エスカレーター、車いす対応トイレ、点字誘導ブロックなどを整備している。また現在、全駅に段差なく駅を利用できる経路を1ルート以上確保し、オストメイトのある「だれでもトイレ(多機能トイレ)」も整備している。
海岸線では、ストレッチャー対応のエレベーターの設置やトイレ、エレベーター、階段などの場所を音で知らせる「音サイン」を設置している。

安全安心の取り組み

ホームからの転落事故を防止するため、西神・山手線三宮駅にホームドア(可動式ホーム柵)を先行設置することとし、2017年度に設置、稼働を予定している。
地震・津波対策として、駅構内への浸水を防ぐため、海岸線において防水鉄扉、止水板を整備している。
また、大規模地震による停電に備え、海岸線に大容量蓄電池の設置を進めている。

西神・山手線の車両更新

2018年度から2022年度にかけて、西神・山手線の全車両の更新を計画している。新型車両は安全性向上、バリアフリー対応・快適性向上、省エネ性向上を図った車両とし、ホームドアとの連動対応やワンマン運転に対応が可能な仕様としている。

市営交通100周年・地下鉄開業40周年

2017年3月には地下鉄西神・山手線開業40周年、8月には神戸市電営業開始より数えて100周年を迎えることから、感謝の気持ちを込めて、これまでの歩みや果たしてきた役割をご理解いただくとともに、さらなるご利用につなげていけるよう、様々な記念事業を実施する。

指令所/路線上の全列車の運行状態を把握し、信号やポイントを自動的に集中制御する運転指令と、電気の安定供給と合理 的な使用を図る電力指令を設けている。
新型車両/デザイン案は、広く一般の方々に対して「新型車両デザイン総選挙」を実施し、3つのデザイン案の中から決定した。
新神戸駅リニューアル/新幹線から地下鉄に向かう連絡通路を山手・まち・港をイメージできる神戸らしい雰囲気にリニューアルした。

営業路線の現況

※クリックで拡大します。

路線図

※クリックで拡大します。

問い合わせ案内

路線・ダイヤ・料金等について  078-321-0484 お客様サービスコーナー

忘れ物について  078-392-2572 忘れ物取扱所

ページの先頭へ