一般社団法人 日本地下鉄協会

ホーム > 日本の地下鉄 > 京都市営地下鉄

京都市営地下鉄

〒616-8104 京都市右京区太秦下刑部町12番地
TEL 075-863-5213(高速鉄道部営業課)
FAX 075-863-5219
URL http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/

事業のあらまし

京の地下鉄

京都の地下鉄は、モータリゼーションの急激な進展に伴う交通事情の悪化が進み、総合的な交通体系の整備が求められるなか、オイルショックをはじめとする幾多の困難を克服し、1981年5月、烏丸線の北大路~京都間6.6㎞が開業した。その後、3度にわたり烏丸線を延伸し、1997年6月に現在の国際会館~竹田間13.7㎞を営業するに至った。 一方、東西線は、1997年10月に醍醐~二条間12.7㎞が開業し、2004年11 月には六地蔵~醍醐間2.4 ㎞、2008年1月には二条~太秦天神川間2.4㎞が延伸開業し、烏丸線と合わせて市内を十文字に結ぶ31.2㎞の地下鉄網を完成させた。 また、烏丸線と近鉄京都線との相互直通運転、東西線での京阪京津線からの京阪電気鉄道の乗り入れをはじめ、JRや各私鉄線とを結ぶなど、今や京都市内と近郊都市をつなぐ広域的な鉄道ネットワークを形成しており、147万人の京都市民の暮らしを支えるとともに、入洛観光客の快適な受入環境づくりの一角を担う交通機関として、1日約33万4千人(2011年度実績)のお客様にご利用いただいている。

経営健全化に向けた取組

京都の地下鉄は、建設時期が他都市に比べて遅いことや、東西線の建設が建設費高騰のバブル期と重なったことなどから、全国の地下鉄事業者の中で最も厳しい経営状況となり、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」に基づく経営健全化団体となった。 それを受けて2010年3月に策定した経営健全化計画では、徹底したコスト削減に加え、1日当たり5万人の増客を増収策の柱とし、将来にわたって安定的に運営し続けることを目指して健全化を推進している。

増客に向けた取組

2011年には、地下鉄開業30周年を記念して「京都地下鉄まつり」をはじめとした各種イベントを開催したほか、京都市電の開業から数えて100周年となる2012年は、『百年分の、ありがとう』を合言葉に、6月に開催した「京都市公営交通100周年記念フェスタ」を皮切りとして、「コスプレイベント列車」、沿線のホテルや新作映画とタイアップしたスタンプラリーイベントなど、増客に向けた様々な事業を展開した。

安全・安心・快適な地下鉄

京都市では、お客様に安全・安心・快適に地下鉄を御利用いただけるよう、全職員に対して関係法令の遵守や安全確保のための教育訓練を徹底するとともに、施設等の新設・更新を行うことで、安全性とお客様サービスの向上に努めている。

安全に配慮した東西線

ワンマン運転を実施している東西線では、車両にATC(自動列車制御装置)のほかATO(自動列車運転装置)を搭載し、全駅にホームドアを設置して事故防止に万全を期している。

駅のバリアフリー

地下鉄駅施設については、子どもや高齢者、障害をお持ちの方など誰もが容易に乗り降りできるよう、全駅にエレベーター、エスカレーターを設置するとともに、お客様の多い駅や他鉄道との接続駅など18駅に多目的トイレを、その他の駅には車いす対応トイレを設置している。 その他にも、点字ブロック、点字案内板、音声や電光表示による案内設備を備え、エレベーターやエスカレーターの設置が困難な四条駅と阪急烏丸駅の間の連絡階段には階段昇降機を設置するなど、バリアフリー化を推進している。

可動式ホーム柵の導入

烏丸線における長年の懸案であったお客様の転落防止対策については、厳しい経営状況のもと、限られた財源の中で最大限できることを工夫しようと発想を切り替え、お客様の多い京都、四条、烏丸御池の3駅に可動式ホーム柵を設置することとした。 2014年度に烏丸御池駅、2015年度に四条駅、京都駅での供用開始を目指している。

駅ナカビジネスの積極展開/京都市では、地 下鉄駅の利便性をより一層向上させ、駅の 賑わいを創出することを目的に、駅構内への 店舗展開を中心とした「駅ナカビジネス」を 積極的に推進している。2010年10月には 四条駅に「コトチカ四条」を、2011年5月 には烏丸御池駅に「コトチカ御池」を開業、 2012年9月には京都の地下鉄で最もお客様 の多い京都駅に「コトチカ京都(北改札口エ リア6店舗)」を開業し、中央改札口エリア の3店舗を含め、2013年3月にグランドオー プンした。
夜間ダイヤの改善/2010 年3月に10年ぶりのダイヤ改正を実施し、午後9 時台以降の夜間ダイヤの増便と、烏丸線・東西線の交差駅である烏丸御池駅で上下線4 列車全ての最終列車を午後11時55分に一斉に発車させる「シンデレラクロス」を導入し、最終列車での東西南北全方向への乗り継ぎを可能とした。ユーモラスなポスターで「シンデレラクロス」の利便性をアピール。
コトチカ京都/2012年9月25日、地下鉄京都駅の商業スペース「コトチカ京都」の北改札口エリアが開業した。西日本初出店のお店をはじめ、4 店舗が京都初出店。新たな賑わいと華やぎを見せている。
車いすスペース/東西線では、各車両に車いす設置スペースと優先席を設けるとともに、車いすでの乗降を安全かつスムーズにできるよう出入口のステップに傾斜をつけてホームと車両床の高低差をできるだけ小さくした。
東西線ホームドア/東西線では、ホームの床から天井までを覆うフルスクリーンタイプのホームドアを全駅に設置している。
地下鉄オリジナルスイーツの発売/嵯峨水尾で育まれた柚子をクリームチーズに練りこみ、ふわふわの蒸しカステラでそっと包んだ「水尾の柚子ちーず麿のお気にいり」。公営企業では初の地下鉄オリジナルスイーツとして、2009年11月に誕生した。現在は、第2 弾の「南山城村の抹茶ばなな」、第3弾の「大原のしそ豆乳」とともに、地下鉄四条駅と京都駅で好評販売中

営業路線の現況

※クリックで拡大します。

路線図

※クリックで拡大します。

問い合わせ案内

※障害のある方向けの設備に関する問い合わせを含む

市バス・地下鉄案内所(7時30分〜19時30分)

075-863-5200 交通局(太秦天神川)
075-371-4474 京都駅前
075-371-9866 コトチカ京都
075-493-0410 北大路
075-213-1650 烏丸御池駅

忘れ物について  075-213-1650 烏丸御池駅案内所

ページの先頭へ