一般社団法人 日本地下鉄協会

ホーム > 日本の地下鉄 > 東京メトロ

東京メトロ

〒110-8614 東京都台東区東上野3-19-6
TEL 0120-104106(東京メトロお客様センター)
URL http://www.tokyometro.jp/

事業のあらまし

東京メトロが誕生するまで

東京の地下鉄は、1927年12月に東京地下鉄道株式会社により、日本初の地下鉄として開業した浅草~上野間2.2kmが始まりである。その後、同社が上野〜新橋間5.8kmを、東京高速鉄道株式会社が新橋〜渋谷間6.3kmを開業させ、現在の銀座線(渋谷~浅草間14.3㎞)として全線が開通した。その後、1941年7月、帝都高速度交通営団(営団地下鉄)が設立され、同年9月から、上記区間の営業路線の譲渡を受け事業を開始した。

路線の拡充

戦後に入り、1954年に営団地下鉄として最初の路線である丸ノ内線池袋~御茶ノ水間が開業した。その後も日比谷線、東西線、千代田線、有楽町線、半蔵門線、南北線及び副都心線が開通し、2012 年3 月末現在では9 路線195.1㎞の営業線と2773両の車両を有し、一日当たりの平均輸送人員は約622万人となっている。また、銀座線、丸ノ内線を除く7路線においては、他線との相互直通運転を実施しており、東京メトロ線と直通他社線を含めると約520kmのネットワークが形成されている。
1995年2月に特殊法人の整理合理化についての閣議決定がなされ、2002年12月には「東京地下鉄株式会社法」が成立し、営団地下鉄は2004年4月、新たに特殊会社「東京地下鉄株式会社(愛称:東京メトロ)」としてスタートを切った。今後は、民間企業としての経営基盤の確立を目指し、できるだけ早期の完全民営化に向けて、体制を整備している。

人にやさしい地下鉄

誰もが安心して利用できるように、バリアフリー施設の整備を進めている。エレベーター、エスカレーター及び階段昇降機設置のほか、誘導ブロック、点字運賃表、音声触知図式案内板、多機能トイレ、傾斜型の券売機や精算機などが導入されている。
車内には、車いすスペースや目の不自由なお客様が乗車位置を確認できるようドアの内側に点字表示が取り付けられている。

安全と安心のために

駅のホームにおける安全性向上を図るために、既設路線へのホームドア設置を推進している。自然災害対策としては、安全・安心の確保に向けて地震対策、大規模浸水対策等を推進している。
総合的かつ効率的輸送管理業務を行う総合指令所では、運輸指令・電力指令・車両指令・施設指令の4つの指令と情報担当があり、常に列車の運行状況を監視し、安全運転の確保、災害の防止及びお客様への運行情報の提供が図られている。

わかりやすい案内

事前にご登録されたお客様の携帯電話、スマートフォン及びパソコン向けに、運転見合わせや15分以上の遅延が発生もしくは見込まれる場合にお客様のご登録内容に合わせて運行情報をメール配信している(サービス利用料は無料)。
また、地下鉄に不慣れなお客様などに安心してご利用いただけるよう、駅の案内係「サービスマネージャー」を主要駅に配置している。

改札口ディスプレイ/お客様に運行情報(遅延、事故、振替など)や営業情報を表示するために40 ~ 65 インチの改札口ディスプレイを全駅※ の改札口に設置している。非常災害時には改札口ディスプレイを用いて、非常災害時緊急放送(NHK)を放映する。
※一部の共同使用委託駅(他社と共同で使用している駅のうち、他社に管理運営を委託している駅)と改良工事中等の駅を除く。
ホームドア/1991 年南北線開業時に、日本の地下鉄として初めてホームドアを導入した。転落事故を防ぎ、お客様により安心してご利用いただくことを目的として、設置を推進している。
LED 照明・LED 看板/駅構内において、長寿命で電力効率に優れたLED 照明を導入している。また、各駅の案内看板や広告看板も、LED 内照式のものに順次更新して消費電力の削減を図っている。今後も導入駅を拡大する予定である。
サービスマネージャー/ご年配のお客様や地下鉄に不慣れなお客様などに安心してご利用いただけるよう、駅の案内係「サービスマネージャー」を主要駅に配置している。お客様のご案内にタブレット型端末を活用し、駅周辺情報や外国語通訳サービス等の提供を行っている。
海抜表示/お客様に平時から水害発生時の行動を意識していただく ため、2012年6月から駅出入口に海抜の表示を開始している。
総合指令所/運輸・電力・車両・施設の4指令と情報担当を一括化し、一元的な輸送管理体制を構築している。
太陽光発電システムの導入/地上駅のホーム屋根上に太陽光発電パネルを設置し、照明などの駅設備で使用する電力の一部を、環境にやさしいクリーンな太陽光発電システムで供給している。
多機能トイレ/乳幼児をお連れのお客様や身体の不自由なお客様などが利用しやすいように、ベビーシートやベビーチェア、オストメイト対応器具などを備えたトイレになっている。
銀座線渋谷駅移設大改良/移設にあわせ、ホーム拡幅による混雑緩和、乗換コンコース接続による利便性向上、バリアフリー設備整備を図る。

営業路線の現況

※クリックで拡大します。

路線図

※クリックで拡大します。

問い合わせ案内

各種情報提供サービス/身体障害者用設備について  0120-104106 お客様センター

忘れ物について  03-5227-5741 お忘れ物総合取扱所

よりよく知るために(関連施設等)  03-3878-5011 地下鉄博物館

ページの先頭へ