一般社団法人 日本地下鉄協会

ホーム > 日本の地下鉄 > 大阪市営地下鉄

大阪市営地下鉄

〒550-8552 大阪府大阪市西区九条南1-12-62
TEL 06-6582-1400
FAX 06-6585-6466(市営交通案内センター)
URL http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/

事業のあらまし

大阪市営地下鉄のはじまり

第1次世界大戦を契機として、大阪市の商工業は飛躍的な発展を遂げ、世界有数の商工業都市に成長したが、交通機関は路面電車とバスが中心で不十分であった。
そこで、大阪市は、1925年に4路線54.5kmからなる路線網を策定し、このうち1933年5月に我が国初の公営地下鉄が、第1号線(御堂筋線)梅田~心斎橋間3.1kmで開業した。

急成長する地下鉄網

第2次世界大戦により工事は一時中断したが、その後は積極的に地下鉄整備が進められた。昭和30年代に入ると、社会経済活動の活発化に伴い輸送需要が増加し、特にモータリゼーションが激化した。
この状況のもとに地下鉄建設が強力に推進された結果、万国博覧会が開催された1970年には、都心を格子状に結ぶ6路線64.2kmの路線網が完成した。その後も市周辺部や府下への延伸が進められ、1987 年には99.1km の路線網となった。

近年の整備状況

1990年の「国際花と緑の博覧会」開催時に、我が国初のリニアモーター式地下鉄である第7号線(長堀鶴見緑地線)が京橋~鶴見緑地間で開業し、引き続いて都心に延伸した。また、2005年7月から大阪港トランスポートシステムの路線のうち、コスモスクエア~大阪港間について一元的に運営を行っている。
さらに、2006年12月には、リニアモーター式地下鉄である第8号線(今里筋線)井高野~今里間が開業した。この路線は、既設地下鉄4路線や京阪本線、JR学研都市線と連絡しており、地下鉄ネットワークの一層の拡充が図られ、これにより8路線129.9km、123駅の路線網となり、2011年度では、1日約221万人の乗客を輸送し、市内交通の根幹として重要な役割を果たしている。

階段区画シャッター/2004 年12 月に改正された火災対策基準に適合させるため、乗降階段への防火シャッター、防火区画などの整備を進めており、2013 年度末に全駅で整備が完了する予定である。
エレベーター/エレベーターによるホームから地上までのワンルート確保に取り組み、2010 年度末に地下鉄全123 駅で整備が完了した。

営業路線の現況

※クリックで拡大します。

路線図

※クリックで拡大します。

問い合わせ案内

各種情報提供サービス、身障者用設備について  06-6582-1400 市営交通案内センター

忘れ物について  06-6633-9151 お忘れものセンター

ページの先頭へ