一般社団法人 日本地下鉄協会

ホーム > 日本の地下鉄 > 仙台市地下鉄

仙台市地下鉄

〒980-0801 宮城県仙台市青葉区木町通1-4-15
TEL 022-712-8329
FAX 022-224-4559(交通局高速電車部営業課)
URL http://www.kotsu.city.sendai.jp/

事業のあらまし

仙台市地下鉄の始まり

仙台市では、都市化の進展による新たな交通需要に対応するため、1963年に仙台市交通対策委員会を設け、高速大量輸送機関の検討を開始した。発展する「杜の都・仙台」にふさわしい、都市交通体系のあり方について検討を重ねた結果、都心部を南北に結び、郊外の主要地域に延びる地下鉄を整備することになった。
1980年5月に地方鉄道事業免許を取得し、翌年5月に南北線の工事に着手、6 年後の1987 年7 月に八乙女~富沢間13.6kmの東北初の地下鉄が開業した。その後、1992年7月に八乙女~泉中央間1.2kmを延伸し、現在は、泉中央〜富沢間14.8kmで営業を行っている。
開業から25年を経た今日では、1日約15万人の利用客を数え、仙台都市圏における基幹交通機関として機能している。

地下鉄東西線の建設

東西線の整備は、東西方向の高次な都市機能を連携させ、南北線と一体となって本市の骨格となる都市軸を形成するための重要なプロジェクトであり、東日本大震災後の復興まちづくりにも寄与する事業として進められている。
ルートは、市南西部の八木山動物公園付近から青葉山や都心部を経て、市東部の荒井地区に至る約14km。トンネルの断面積が従来式より小さく、登坂力などに優れているリニアモーター式地下鉄を採用している。
2003年9月に鉄道事業許可、2005年8月に工事施行認可を受け、2006年度に工事に着手し、2015年度の開業を目標に事業を推進している。

バリアフリーなどへの取り組み

目の不自由なお客様も安全に、かつ安心して地下鉄を利用できるように、全駅に可動式ホーム柵を設置しているほか、乗車位置を確認できる点字案内プレートを車両内に設置している。また、全駅に設置している車いす対応の多機能トイレにはオストメイト対応洗浄器具も設置している。さらには、車両改修に併せて車いすスペースを設けるなど、高齢者や身体障害者などにもやさしい施設・車両の改善を進めている。このほかにも、より多くの人たちが安心して地下鉄を利用できるよう、全駅に自動体外式除細動器(AED)を配備している。
また、「心のバリアフリー化」を推進するため、職員に対して接遇研修や介助研修を実施しているほか、小学生を対象とした交通バリアフリー教室や、席の譲り合いなどを呼びかけるマナーアップキャンペーンの実施によりマナー啓発活動の強化を行うなど、利用しやすい環境づくりに取り組んでいる。

可動式ホーム柵/全駅に設置している。
ホーム渡り板/全駅に配備している。
バリアフリー教室/小学生を対象とした交通バリアフリー教室を実施している。
防災訓練/災害等の異常時に備えるため、定期的に防災訓練を実施している。
2015 年度開業予定の東西線/広瀬川に架かる橋を通過する2000 系車両(イメージ)。
縦手すり/ロングシート中間部への縦手すり設置を進めている。
車内の車いすスペース/車両改修に併せて設置を進めており、2013 年度で全編成への設置が完了する。

営業路線・バリアフリー施設等の整備状況

※クリックで拡大します。

路線図

※クリックで拡大します。

問い合わせ案内

忘れ物について  022-223-4812 交通局忘れものセンター

各種情報提供サービス  022-222-2256 交通局案内センター

よりよく知るために(関連施設等)  022-244-1267 仙台市電保存館

身障者用設備について  022-712-8329 高速電車部営業課

ページの先頭へ